揚げログ

karaageの技術開発関連のブログです

AR kit で顔面キャスアプリを作る (その0 なんで作るのか)

今回から、1つのアプリを作る過程を、0の状態から完成まで、何回かに分けて記事を投稿していきます。

今回はまだ実装には入らず、前提の確認です。ちょうど卒論に時期で、頭が卒論になってるので、見出しが論文っぽくなってますが、まあ分かりやすいのでいいとしましょう。

お題

AR kit の FaceTrackingConfigurationを使ったVR顔面キャスティングアプリを作る

ツイキャスのAnimoji版というと分かりやすい…?

iPhone Xから搭載され始めたインカメのデプスカメラ、これを使った何か面白いアプリを作ってみようと思います。ただ作ってる間に違う方向にいくことは十分ありえます。

f:id:en0qi:20190123233015j:plain
Animojiで作った自分の顔(似てない)

完成予想図を描いてみる

続きを読む

AR kit 2のARImageTrackingConfigurationで遊んでみた

背景

数学の教科書とかで、グラフが値の変化に応じて動いたら分かりやすいのにな、と思ったことがある。 図をスマホで写したら動き出す、立体は飛び出して色んな方向から見ることが出来る、このようなAR体験がARImageTrackingConfigurationで簡単に精度よく作れるようになったと感じたので、以下その紹介。

ARImageTrackingConfiguration

これはARkit2から新たに追加されたARsessionのconfigurationだ。今まで実世界をトラッキングするのには、ARWorldTrackingConfigurationが使われていたが、2Dの画像トラッキングに特化したConfigurationということだ。

さっそく実演

紙面上のある画像をARImageTrackingConfigurationで追尾し、3Dオブジェクトや動画が紙面上に表示されるサンプルアプリを作ってみた。

以下の実演では、iPad上(紙面を想定)に表示した画像に、別の画像を重ねて表示し、追従させた。

まず、iPadにこのように画像を表示させる。この画像はXcodeからアプリのアセットに追加して、トラッキングする画像にセットした。

続きを読む